長野県を代表する日本酒蔵 大雪渓蔵元直営店 花紋大雪渓 -純米吟醸・大吟醸・ひやおろしや直営店限定品あり!-

長野県安曇野池田町にある日本酒蔵 大雪渓

全国の名だたる日本酒コンテストで金賞を受賞する人気蔵。

2017年に蔵元直営店である花紋大雪渓をオープンした際に、直営店スタッフの方にインタビュー取材をさせていただきました。

まずは、1度、足を運ぶことから始まる日本酒×地方の魅力。ぜひ、記事を読んで興味をもった方は訪れてみてください。

本記事は信州池田活性化プロジェクト「Maple Tree」が発行するフリーペーパー『いけだいろ』7号に掲載された内容の抜粋です。

蔵元直営店 花紋大雪渓は古民家を改装したオシャレで趣ある直営店

蔵元直営店「花紋大雪渓」は、2016年の7月1日にオープンしました。

建物は築150年で120年前に今の場所に移築されたもの。以前は大雪渓酒造の経営者一家が主家として住んでいましたが、その後30年間空き家に。建物を壊すこともできたましたが、お金と時間をかけて次世代に伝えたいという社長の思いがあり、改築に踏み切りました。

建物は、地元の一流の職人さんにお願いし、昔の良さを残しつつ、時代にあった建物へと生まれ変わりました。

北アルプスの麓からスタートする日本酒体験

蔵元直営店の名前にもなっている「花紋大雪渓」には、三つの意味が込められています。一つ目は、桔梗の花が経営者の家紋であり花と縁が深かったこと。二つ目は以前、大雪渓酒造では花にちなんだ名前のお酒が作られていたこと。そして三つ目は英語のCome on!(来て!)と花紋の語呂があっていたことなんだとか。

蔵元直営店では、大雪渓酒造が販売する全商品が売られているのはもちろんのこと、花紋大雪渓という名前の蔵元直営店限定のお酒も販売しています。

「オープンしてから今日まで、本当にたくさんのお客様に来ていただいています。群馬県から、ここに来るためだけに朝6時に出発して車で来てくださった方。改築中から気になっていてオープンしたから改めて来たという観光客の方や地元の方。自分で大雪渓の前掛けをアレンジしてオリジナルバッグを作り、大雪渓を宣伝しているというおじいさん。大雪渓は皆さんに愛されているなと働いていて日々感じています。」

蔵元直営店「花紋大雪渓」の歴史は始まったばかり。生まれ変わった古民家は、次の世代に変わらぬ姿と歴史、そしてお酒の魅力を伝えてる場所になっていくことでしょう。

KAYAKURA

KAYAKURAは「新しい地域と観光を考える」をコンセプトに、地域と地域にまつわる言葉や動向を深く考える地域考察メディアです。

この記事を書いた人

Masato ito

1996年長野県生まれ。大学在学中に自身が代表を務める事業が長野県地域発元気づくり大賞を受賞。現在は一橋大学社会学研究科にて国内移住に関する研究を行いながら、KAYAKURA代表として長野県を主なフィールドに観光インバウンド・移住・まちづくりのコーディネート・プランニング・調査・PRを多数手がける。2019年からは都内の企業と地方の企業や自治体をつなぐ新たな取り組みも開始。訪日観光客向け観光情報発信サイトNAGANO TRIP運営。池田町第六次総合計画審議委員。週刊SPAや公益社団法人 日本観光振興協会発行『観光とまちづくり』など寄稿多数。2019年4月から東京都国立市と長野県池田町の2拠点居住実践中.