工房VRONY-長野県安曇野で北アルプスを眺めながらおいしいベーグルパンが食べられる人気のパン屋さん-

VRONY

写真好きなご主人と、料理好きな奥様が始めた、日曜日だけ開く特別なお店

長野県安曇野池田町内鎌地区の北アルプスが見える場所にあるパン屋さんで食べられる種類豊富なベーグルパン

移住してパン屋さんを始めた理由と、長野県暮らしの楽しみ方を工房VRONYの山本夫妻から伝授していただきました。

本記事は信州池田活性化プロジェクト「Maple Tree」が発刊するフリーペーパー『いけだいろ』5号からの抜粋記事です。

山登りと写真が好きで長野県へ移住-旦那さんと奥さんで異なる山の楽しみ方-

VRONY

山本克久さん(以下、克):若いころから、山登りがとても好きでした。カメラは大学一年の時に初めて買いました。それ以来、写真の魅力に取りつかれ就職してからはヨドバシカメラに貢いでいましたね(笑) なので、写真にハマったきっかけは山登りですね。

山本久子さん(以下、久):主人は、山登りに行っても普通の人とは見るところが違うんですよね。私はピークハンターで、上へ上へひたすら登りますが、主人は登るだけでなく、様々なものを見ています。

克:山に登ると疲れて帰ってきますね。疲れるというのは山登りで疲れるのではなく、花や生き物を見たり、写真を撮ったりして下を見ているので疲れるという… 山に存在する、ありとあらゆるものに興味があります。花、鳥、気象、星も含めて。山に登るときは20万分の1の地図を持っていき、頂上に着いたら地図と照らし合わせて、山の名前や場所をチェックします。山に登って、知識が増えて帰ってくるのが面白かったですね。

週に1日しか開かないパン工房のおもしろさ-職業病と人とのつながりがキッカケ-

VRONY

久:私は元々、薬剤師でした。ただ、趣味でお菓子やパンを作るのも好きでした。しかし、職業病で科学物質過敏症になってしまい、早めに仕事を辞めました。こちらに引っ越してくる前にも、家でお料理を教えたり、作ったパンを友達にあげたりしていました。そして、池田に引っ越したら週一回ならパン屋さんができるかなと。やっぱり、知らない土地に来るので何かきっかけがあれば、人との繋がりもできたりしていいなと思いました。

あとは、ここの土地から北アルプスが見えるので、そこにウッドデッキをつくって、来た人に楽しんでもらいたい!とも思いました。家を建てていただいた青い風さんにお願いしてスイス風の太い手すりにしてもらい、そこをテーブルにして楽しんでいただこうと。

だから、パン屋というよりは、パンを買いに来た人とコミュニケーションをとりたい。さらに、お客様にはこの景色を眺めて楽しんでいただきたい。ここに住んでいる人も、意外と山をゆっくり見る時間が少ないとおっしゃるので、理想はお散歩がてらここまで歩いて来てVRONYでゆっくりしてもらいたいですね。「日曜日のお昼はVRONYで」っていうのを目指しています。お客さんからも週1回っていうのが逆に面白いと言っていただいています。

メインは2人で山の見える暮らしを楽しむために来たのですが、やっぱり地域のために少しでも役に立つことがしたくて。自分たちの持っている趣味を生かして、皆さんと仲良くなって、役に立てればいいなと思っています。

パンの語源はポルトガル語で「ペイン」 痛みを分け合う食べ物-おすすめはカンパーニュ-

VRONY

久:わたしの好きなパンはカンパーニュです!カンパーニュとは仲間という意味。

克:カンパーニュって仲間っていう意味なんだけどカンパニーも同じだろうと。パンを分け合う人々というのが元々の意味ではないでしょうか。

久:あと、パンはポルトガル語なのですが、もともとは「ペイン」痛みからきているんですよね。痛みを分け合うって意味も含まれているんだとか。『しあわせのパン』っていう北海道の洞爺湖(とうやこ)が舞台の映画があって、それに登場するカフェ“マーニ”を目指してパン屋をやっています。

その映画は、痛みを分け合い乗り越えていくというストーリーなんですよね。VRONYもそういうパン屋になりたいなと。来た方に温かい気持ちになって帰っていただきたいなと思っています。他のパン屋さんとは少し違い、パンを売るのが目的ではなく、来た方に少しでも幸せな時間を過ごしていただきたいです。

パン工房VRONY 

  〒399-8602 池田町会染5758-8
 営業日:毎週日曜日 営業時間:11時~16時
 取り置き販売(専用電話 080-5389-4726 受付は営業日の10時から。)直接販売も行っているが、売り切れ次第終了。
写真工房
 撮影・デジタル加工・作品のお手伝い。
 詳細・連絡はHPから http://kobo-vrony.sakura.ne.jp/

-ラジオ版KAYAKURA-

ラジオ版KAYAKURAは毎回1つのテーマについて5分~10分で深堀する音声コンテンツです。テーマは社会課題・最新ニュース・地方創生・観光インバウンドなど。スキマ時間の学びを思考を促す内容となっていますので、ぜひ聴いてみてください。

この記事を書いた人

Masato ito

1996年長野県生まれ。大学在学中に自身が代表を務める事業が長野県地域発元気づくり大賞を受賞。現在は一橋大学社会学研究科にて国内移住に関する研究を行いながら、KAYAKURA代表として長野県を主なフィールドに観光インバウンド・移住・まちづくりのコーディネート・プランニング・調査・PRを多数手がける。2019年からは都内の企業と地方の企業や自治体をつなぐ新たな取り組みも開始。訪日観光客向け観光情報発信サイトNAGANO TRIP運営。池田町第六次総合計画審議委員。週刊SPAや公益社団法人 日本観光振興協会発行『観光とまちづくり』など寄稿多数。2019年4月から東京都国立市と長野県池田町の2拠点居住実践中.