地方自治体におけるデジタル技術/ICT活用による地方創生-可能性と課題-

人口減少・人手不足・慢性的な財政危機という負のスパイラルに直面する地方自治体の課題を克服する手段として注目される「デジタル技術/ICT」の活用。本記事では地方自治体のデジタル技術/ICT活用事例を紹介するとともに、可能性と課題に迫ります。

なぜ地方自治体でデジタル技術/ICTの活用が必要か?

なぜデジタル技術/ICTの活用が地方自治体で必要なのでしょうか?

日本は人口減少社会に突入しました。2013年から進められている地方創生は最上位目的である人口東京一極集中をいまだ解消できず、地方の人口減少は一層深刻化しています。人口増加時代のシステムから脱却できない多くの地方自治体は、慢性的な人手不足と厳しい財政状況になっており、これら課題の一刻も早い解決が叫ばれています。

そこで注目されているのが地方自治体における行政のデジタル技術/ICTの活用です。

人口減少社会においては、人は人にしかできない仕事に注力し、電子化できる部分は積極的に電子化していくことが求められます。またデジタル技術/ICTの活用は、地方自治体がこれまで苦手としてきた「統計的情報の収集管理と分析→根拠ある効果的なアクション」を実施しやすいシステムをつくることにつながります。これは自治体の経営意識と収益化マインドを高める可能性を秘めています。

一方、多くの自治体で、デジタル技術/ICTの活用度合いは分野によって大きな差があることも現実です。情報通信総合研究所が2016年に実施した調査では、教育・防災・防犯などの分野でICT利活用事業実施率が60%を超える一方、インフラ・産業振興・雇用の分野では約20%に留まっています。

総務省ICT地域活性化ポータルを活用しよう

地方自治体がデジタル技術/ICTを活用したいと思っても、具体的にどう活用すればいいのか具体的なイメージが湧きにくいかもしれません。

そんなときにおすすめしたいのが総務省の「ICT地域活性化ポータル」です。

人口別、条件不利地域別、事業テーマ別、地域IoT分野別など、条件を変えて興味関心ある事例に素早くアクセスできる仕組みになっています。ICT地域活性化大賞からは特に優れた事例も簡単に閲覧できるので、これらを参考にすることで、地方自治体における効果的なデジタル技術/ICT活用がイメージできるかと思います。

サテライトオフィスでICTベンチャー誘致 徳島県神山町

徳島県神山町は地方創生のロールモデルとしてメディアに取り上げられることも多く、平成23年と平成31年には社会増が社会減を上回った自治体です。同じ社会減が社会増を上回る状況でも、そのギャップは以前より小さくなり若者が増えています。神山町が飛躍するきっかけの1つとなったのが、徳島県の通信ブロードバンド化と2005年9月に町内全域に敷設された光ファイバーです。

ICT環境が整備されたことにプラスして、地元NPOがアーティストインレジデンスや移住促進活動をはじめたことが後押しとなり、神山町や過疎地域に民間事業者や行政がサテライトオフィスを整備、デジタル技術/ICTベンチャー系企業の誘致を行いはじめました。その結果、2017年までに16のサテライトオフィスが神山町では新規開設され日本で最もICTベンチャーが集まる地方自治体の1つとなりました。

徳島県は「ふるさとクリエイティブ・SOHO事業者誘致事業補助金」と名付けて、サテライトオフィス開設や運営費用への充実した補助も行っています。現在では神山町につづいて徳島県では県全体がサテライトオフィス誘致とICTベンチャー誘致に力を入れているのです。

この結果は数字にも表れています。1970年以降「社会減(他の自治体への転出で減った人口数)」が「社会増(他の自治体からの転入で増えた人口数)」を上回っていた神山町ですが、2011年に「社会増」が「社会減」を超過。3年間で51世帯81名が移住しました。

神山町の事例からわかることは、自治体のICT活用と環境整備は住民の利便性を向上させるとともに、それ自体がブランディングとなりプロモーションとなるということです。

フォレスタイルプロジェクト-岐阜県東白川村 林業・建設業の再生

岐阜県東白川村は、豊かな森林に囲まれた人口2,400人弱の自治体です。東白川村はここ数十年、主力産業である林業や建築業の衰退に伴う雇用や村民所得の低下に頭を悩ませてきました。

そこで平成22年に注文住宅受注減少の課題を解決して、国産材を使った建築を永続的に基幹産業としていくことを目的に村内外の住宅建設予定者に向けた「住宅の間取り・費用を自由に設計できるシミュレーションシステム」と「村役場の職員が代理人として最適な建築士や工務店をマッチングできる仕組み」を構築。一連の取り組みは「フォレスタイルプロジェクト」と名付けられました。

東白川村が運営するシミュレーションシステムWebサイト「フォレスタイル」では、間取りのシミュレーション・概算建築費の自動計算・比較や見積もりの提供・契約までのサポートを受けるができます。

フォレスタイルプロジェクトは村内の基幹産業である材木加工、住宅建築などの関係者が一体となって参加・協力したことで大きな成果を収め、第3回全国村長サミットで「村オブザイヤー(最優秀賞)」を受賞。

2009~2015年度は、国産材を利用した住宅建築の受注件数153件、売上高約40億円、東京都の顧客からも受注するなど、新規顧客の開拓にも成功。村の森林組合木材出荷量増(約48%増加)、建設業の売上増(約70%増加)、村民の一人あたり所得増(約16%増加)にもフォレスタイルプロジェクトは大きく貢献しました。

東白川村のICT活用事例の特徴は、ICTによって村の基幹産業である林業・建築業の6次産業化を実現したことがあげられます。それまで一般的ではなかった「インターネットで住宅を売る」試みによって、インターネット社会の「比較」に慣れた20代~40代の選択肢に東白川村の林業・建築業が加わることができたのです。

もちろん、単に比較対象になるだけでなく、付加価値としてシミュレーターやモデル間取り公開、おすすめ業者の積極的な提案など強みの見える化と徹底的なサポートを行うことで、個客に選ばれるビジネスモデルの構築に成功したのも大きいでしょう。

ICTの活用が、自治体の収入拡大に直接影響を与えること、村民のシビックプライドを高めること、村外の人たちを対象としたアプローチができることを、フォレスタイルプロジェクトは証明しました。

最後に-デジタル技術/ICTの活用は勝ち組と負け組を生み出しつつある

地方自治体によるデジタル技術/ICTの活用は地域課題を解決する一方で、現在二極化しつつある自治体間の格差をさらに拡大する可能性があります。

目的意識が明確なデジタル技術/ICTの効果的活用は、住民の利便性を向上させ人手不足で悩む自治体の課題を解決し、さらにはブランドイメージが向上することで移住者や関わりたい企業が増加することに結びつきます。

地方自治体に売り込む企業にとっては、地方の課題解決につながるデジタル技術/ICTを実装するハードルをいかに下げられるかが競争に勝ち残るための鍵となります。

多くの地方自治体は可能な部分から電子化対応を進めていますが、職員自身のマインドとシステムはいまだ「Before電子化」のまま止まっています。官僚制に基づく書類主義・対面主義は一朝一夕に変わるものではなく、これが地方自治体のデジタル技術/ICT活用を送らせている最大の理由といっても過言ではありません。

企業には技術を導入するだけでなくサポート体制や協力体制などのサービスも込みで、一括したデジタル技術/ICT導入を提供できるようにすることが求められます。導入する自治体にとっては、いかに早くデジタル技術/ICTを活用しはじめるか、職員や住民のマインドを変えられるかが、地方自治体間競争の勝ち組になるための鍵になるでしょう。

-ラジオ版KAYAKURA-

ラジオ版KAYAKURAは毎回1つのテーマについて5分~10分で深堀する音声コンテンツです。テーマは社会課題・最新ニュース・地方創生・観光インバウンドなど。スキマ時間の学びを思考を促す内容となっていますので、ぜひ聴いてみてください。

この記事を書いた人

Masato ito

1996年長野県生まれ。大学在学中に自身が代表を務める事業が長野県地域発元気づくり大賞を受賞。現在は一橋大学社会学研究科にて国内移住に関する研究を行いながら、KAYAKURA代表として長野県を主なフィールドに観光インバウンド・移住・まちづくりのコーディネート・プランニング・調査・PRを多数手がける。2019年からは都内の企業と地方の企業や自治体をつなぐ新たな取り組みも開始。訪日観光客向け観光情報発信サイトNAGANO TRIP運営。池田町第六次総合計画審議委員。週刊SPAや公益社団法人 日本観光振興協会発行『観光とまちづくり』など寄稿多数。2019年4月から東京都国立市と長野県池田町の2拠点居住実践中.