【2021年最新版】田舎暮らしがしたくなる!おすすめマンガ18選

田舎暮らし-マンガ-おすすめ

現在、いわゆる「田舎暮らし」を描いたマンガ作品が巷に多くあります。その大半は「筆者自身の移住体験をもとにしている」点も特徴で、筆者が住む場所や体験した田舎暮らしによって内容も大きく異なっています。

ただ、田舎暮らしマンガは多くあり過ぎるがゆえにどれを読んだらいいのかわからない!という声も。そこで本記事では、オリジナリティがり、作品としておもしろい、田舎暮らしの勉強にもなるマンガを18作品抜粋したので紹介していきたいと思います!気になるものがあったら、ぜひ読んでみてください。

【あわせて読みたい】田舎暮らし・地方移住に関するおすすめの本16選-移住研究者が選定!-

全マンガ Amazon Kindle版あり!-30日間無料体験実施中-

今回紹介する18の田舎暮らしマンガは、ほぼすべてKindleで読むことができます。
また、Kindle Unlimitedに入れば巻数が多いマンガもお得に読めちゃいます!
(中には、Kindleでしか読めないものもあります)

月額980円で好きなだけ本が読めるKindle Unlimitedは、なんと初回30日間無料体験実施中!
登録してイマイチだったら1か月の間に田舎暮らしマンガを読み切って解約すればOK。

ぜひ、この機会にKindle Unlimitedを使ってみてはいかがでしょうか?

おすすめの田舎暮らしマンガ1|リトル・フォレスト

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でリトル・フォレストを読む!

次に紹介する「漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件」の原作者クマガエさんも一押しの本作品は、田舎暮らしマンガの金字塔。その人気から映画化もされている本作品は、理想的な田舎暮らしを通して人生とは?生きるとは?ということを考えさせられます。いろんな食材をつかった料理が出てくるので、レシピ本としてもおすすめという声も。映画版も漫画版も、どちらも画がとても美しいのも特徴です。

→Amazon Prime Videoで「リトル・フォレスト夏・秋」を観る

→Amazon Prime Videoで「リトル・フォレスト 冬・春」を観る

おすすめの田舎暮らしマンガ2|漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件を読む!

以前、KAYAKURAで2本立てのインタビューを掲載したクマガエさん原作の本作品は、2021年話題のマンガ!作品へのこだわりや思いは、ぜひ以下のインタビューを読んでいただきたいですが、本書のポイントはちょっと都会な場所で生活しながら、いわゆる農村=田舎で農業をしながら生計を立てている点。移住=農村だけじゃないよ!と教えてくれる内容です。

【あわせて読みたい】『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』原作者に聞く!-タイトルの意味と移住して気付いたこと-

【あわせて読みたい】田舎感は人それぞれ、グラデーションがある-『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』原作者に聞く!後編-

【あわせて読みたい】半農半Xとは何か?-定義や事例・移住との関連・収入事情などを実践経験者が解説-

おすすめの田舎暮らしマンガ3|夏子の酒

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で夏子の酒を読む!

近年、高齢化や後継者不足に伴い新規参入が注目される酒造り。夏子の酒は、徹底的にこだわってリアルに酒造りを描いたマンガです。酒米を栽培する過程の描写はとてもリアルで、教科書にもなる作品なので、移住して米作りをやりたい人は必読のマンガだと思います。

また夏子の酒は、田舎ならではの難しい問題を丁寧に描いている点でも、田舎暮らしの教科書になります。周囲との軋轢、農業がかかえる課題、有機農業の可能性と難しさなどを超えた先にある感動は涙なしでは読めません!(この文章を書きながら思い出すだけで、涙が出てきます笑)

【あわせて読みたい】2021年最新版 最新の農業を学ぶためにおすすめの本13選

【あわせて読みたい】農業がかかえる課題/問題と解決策を知る-いま日本の農業で何が起きているのか-

【あわせて読みたい】有機農業とは?農業研究者がわかりやすく解説します

おすすめの田舎暮らしマンガ4|百姓貴族

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で百姓貴族を読む!

あの『鋼の錬金術師』『銀の匙 Silver Spoon』の作者荒川弘による田舎暮らしマンガ。マンガ家になる前は、なんと北海道で7年間 農業に従事していた荒川先生だからこそ描けるエピソードが詰まった1冊です。

農業は体力的にも精神的にも疲れる仕事ですが、この漫画を読むと「お百姓さんってかっこいいんだ!」と感じると思います。朝から晩まで年中無休で働く中で起きる、クマにおびえ、エゾシマリ スに翻弄されといったエピソードはほっこりと自然の厳しさの両方を程よいバランスで私たちに教えてくれます。

おすすめの田舎暮らしマンガ5|銀の匙 Silver Spoon 1

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で銀の匙を読む!

連続で荒川弘先生の作品をご紹介!言わずと知れた大ヒット作『銀の匙』は、大自然に囲まれた大蝦夷農業高校に入学した主人公の八軒勇吾が、仲間や家畜たちに支えられたりコケにされたりしながらも日々奮闘する、酪農青春グラフィティです。

授業が始まるなり子牛を追いかけて迷子になったり、実習ではニワトリが肛門から生まれると知って驚愕するなど、都会育ちには想定外の事態が多すぎて戸惑いばかりの青春を描いた本書。そんな戸惑いの嵐の中で、主人公が少しずつ成長していく姿をみると、きっとあなたも酪農がやりたいと思うはず!読んで勉強になるのも本書の良いところです。

→Amazon Prime Videoで銀の匙 Silver Spoonを観る

おすすめの田舎暮らしマンガ6|ウーパ!

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でウーパ!を読む!

「半自給自足」をテーマに描かれた本作品。未開の山で自給自足の原始生活を目指して奮闘するその姿は、圧巻!自分で山を買い、木を伐倒し、ログハウスに組み立ててしまうという凄まじい行動力を発揮する作者の一挙手一投足から目が離せません!

電気もガスも水道もない未開の山で、自給自足の生活がしたい、原始生活がしたい、脱資本主義、脱消費主義の生活がしたいという田舎暮らしの中でもハード系を求める方におすすめです。

おすすめの田舎暮らしマンガ7|おひとりさま女子の田舎移住計画

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でおひとりさま女子の田舎移住計画を読む!

縁もゆかりもない田舎に移住した独身女性の日常生活と、移住を実現するためのノウハウが詰まった1冊。他のマンガと比べて実用性の高さが特徴の本書は、漫画版田舎暮らしの教科書といった感じ。目次にプラスして為になるコラムも収録されています。目次とコラムは以下の通り。

【目次】
第1章 私が田舎に移住したわけ
第2章 田舎に親戚も友達もいない人の「田舎選び」とは
第3章 おひとりさま女子の「家探し」ポイント
第4章 古民家暮らしのホントのところ
第5章 田舎につきもの、「ご近所づきあい」はどうする?
第6章 田舎に住むなら、やっぱりやりたい畑!
第7章 移住後の「仕事」と「カネ」――都心よりもお給料は減っても、生活費が圧倒的に安い――
第8章 ちょっと気になる田舎の恋愛事情――田舎で彼氏は見つかるか?――
第9章 「田舎暮らしってさびしくない?」の疑問に答えます!
第10章 「循環型生活」で快適! ゴミほぼゼロ生活
あとがき

【COLUMN】
FILE.1 来るべき食糧難に備えて?これからはみんなが田舎の土地を欲しがる時代! ?
FILE.2 田舎暮らしに向く人、向かない人
FILE.3 田舎は「地震」にも強い!
FILE.4 古民家の探し方
FILE.5 おいしくてハマル! 保存食の作り方と保存食活用レシピ
FILE.6 畑の借り方見つけ方
FILE.7 田舎でビジネスを起こすヒントと考え方を学ぼう
FILE.8 田舎で友だちを作る!
FILE.9 国際交流×田舎暮らしでグローカルな生活!
FILE.10 理想は電気・ガス・水道料ゼロのエネルギー自給生活!

おすすめの田舎暮らしマンガ8|ものつく

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でものつくを読む!

主人公のひよりは東京生まれ東京育ち、広告代理店に勤める25歳。仕事に追われる毎日を送っていた主人公は、久々の連休を利用して長野県に住む親友を訪ねます。すると、そこには豊かな自然と温かい人々、ちょっぴり不便なスローライフがありました。

息苦しい東京の暮らしを捨て、田舎に移り住むことを決意したひよりでしたたが、彼女を待っていたのは、ボロボロの借家と身の回りの家具を0から作る“物作り生活”。

こんなストーリーの本書のテーマは「都会っ子のDIYな田舎暮らし」ということで、田舎暮らしを始めたらDIYで家とか家具とか作ってみたいな…と思っている人におすすめです!

おすすめの田舎暮らしマンガ9|とりあえず、畑で暮らしてみる

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でとりあえず、畑で暮らしてみるを読む!

とある事情から住む家を失ってしまった母子が主人公。行き場を失った2人が出逢ったのは、どこにでもありそな畑の真ん中にひっそりと建つ小さな小屋とそこに暮らす1人の男。なにかとお金のかかる時代に著者の体験を元に贈る、“半”自給自足のライフ・ストーリーです。

全マンガ Amazon Kindle版あり!-30日間無料体験実施中-

今回紹介する18の田舎暮らしマンガは、ほぼすべてKindleで読むことができます。
また、Kindle Unlimitedに入れば巻数が多いマンガもお得に読めちゃいます!
(中には、Kindleでしか読めないものもあります)

月額980円で好きなだけ本が読めるKindle Unlimitedは、なんと初回30日間無料体験実施中!
登録してイマイチだったら1か月の間に田舎暮らしマンガを読み切って解約すればOK。

ぜひ、この機会にKindle Unlimitedを使ってみてはいかがでしょうか?

おすすめの田舎暮らしマンガ10|今日もいい天気

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で今日もいい天気を読む!

田舎暮らしの酸いも甘いも丁寧描いているのが、山本おさむ先生の「今日もいい天気」シリーズ。田舎暮らしの難しさや厳しさを知っておきたい人におすすめ。ちなみにこの後に出たのは「今日もいい天気 原発事故編」ということで、東日本大震災から10年が経った今だからこそ読んでおきたい続編もおすすめです。

【あわせて読みたい】地方移住先で注意すべきトラブルまとめ-8つの実例から気を付けるべきポイントを解説-

おすすめの田舎暮らしマンガ11|山賊ダイアリー

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で山賊ダイアリーを読む!

「山賊ダイアリー」は、現役猟師、兼マンガ家の岡本健太郎先生による狩猟&ジビエ(野生肉)喰い実録日誌です。ウサギの唐揚げ、カモのロースト、カラスの焼き鳥など山グルメが多数登場するほか、山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載。「罠ガール」とあわせて、猟に興味ある人は読んでおきたいマンガです!

おすすめの田舎暮らしマンガ12|ぼっち村

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でぼっち村を読む!

「なぜだか元気が出る」「意外に感動する」「熱い涙が溢れた」と、『週刊SPA!』での連載中から想定外の大きな反響を集めた「ぼっち村」。2013年に移住した漫画家市橋俊介さんの辛酸甘苦を余すところなく収録した本書は、そのすべてが実体験に基づいていることもあり終始リアル!

難航を極めた物件探し、育たない農作物、過酷な自然の洗礼、野生動物との果てしなき戦い、人付き合いの苦手な市橋が織りなす、近隣住民との交流、限界集落の実態など、移住前に知っておきたい情報を的確に押さえたマンガです。

【あわせて読みたい】田舎に移住してから後悔しないために知っておくべき8つのことと解決策

おすすめの田舎暮らしマンガ13|ぐうたら山暮らし

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でぐうたら山暮らしを読む!

「ぐうたら山暮らし」は、すぐにくじける都会の漫画家を主人公に、山での生活を丁寧に描いたマンガ畑仕事や薪割りといった典型的な田舎暮らしでやってみたいことが描かれているほか、毎日温泉に通う生活も描かれています。移住希望地ランキングをみると、温泉地が上位に入っていることはよくあるので「温泉に入れる地域に移住したらこんな感じか~」と思わせてくれるマンガです。

おすすめの田舎暮らしマンガ14|流されて八丈島

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で流されて八丈島を読む!

流されて八丈島は、2007年の発売以来10年以上愛され続ける人気作品。元祖移住マンガともいえるかもしれません。現実世界と同じようにマンガの中でも時間が過ぎていくので、移住後の生活を想像させてくれるマンガです。

2007年に雑誌連載が開始した「流されて八丈島」ですが、2020年9月についに最終巻が!

移住して10年超、もはや島にも慣れ切って平凡な日常しかない…と思いきや、島ならではのビックリエピソードは留まることを知らず、最終巻でもおもしろエピソードが爆発しています。

最終巻は、島暮らしの経験と極意がみっちり詰まった島暮らしバイブル完結編となっとえり、スペシャル描き下ろしとして「島移住者座談会」も収録されています。

おすすめの田舎暮らしマンガ15|ばらかもん

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」でばらかもんを読む!

「ばらかもん」は、とある島に移住生活をすることになった若きイケメン書道家・半田清舟が主人公。

都会暮らししかしたことのないそのぼっちゃん先生が、トラクターで公道をドライブ したり、自分のうちが中学生のたまり場になったり、知人が玄関から入ってくれないなどの困難に立ち向かう、ほのぼのコメディです。島の人々との交流を中心に描かれているので、純粋に「田舎っていいな」と思わせてくれる1冊です。

おすすめの田舎暮らしマンガ16|0円で空き家もらって東京脱出

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で0円で空き家もらって東京脱出を読む!

2008年に広島県尾道に移住した30代の著者つるけんたろうさんの、移住生活をリアルに描いたコミックエッセイ。年収200万円以下だけど、東京で暮らしていたときよりも生活が豊かと語るつるさんの日常は、お金がないけど移住したい!という人の背中を押す内容になっています。

おすすめの田舎暮らしマンガ17|直島古民家シェア暮らし

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で直島古民家シェア暮らしを読む!

「直島古民家シェア暮らし」は、主人公の女性が同世代の女性と古民家で共に暮らすというストーリー。田舎暮らしで人気が高まっているシェアハウスですが、意外と田舎暮らし×シェアハウスコンテンツはこれまでなかったので、古民家暮らしやシェアハウスに興味ある人におすすめ。

舞台となっているのは瀬戸内国際芸術祭などで知られる瀬戸内海の香川県の直島。離島移住は地方移住の中でも人気ある分野ですが、他のただ田舎に移住するのとは異なる点があるのも確か。島移住したい方にもおすすめの作品です!

おすすめの田舎暮らしマンガ18|罠ガール

日本最大級の電子マンガサービス「Amebaマンガ」で罠ガールを読む!

業界初の罠猟マンガ「罠ガール」。とある田舎町で暮らす主人公の女子高生 朝比奈千代丸の家は農家。彼女は、畑を荒らす野生動物を捕獲するため18歳にして「罠猟免許」を所持しているという設定です。

自身も農家マンガ家の緑山のぶひろさんの描写は、害獣駆除の現場をリアルに、わかりやすく、そしてかわいく描いています。この本を読んでから罠猟の世界に入るのと読まずにはいるのとでは、きっとスタートラインは変わるはず。罠猟に興味関心ある人は必読の1冊です。

最後に-田舎暮らしコンテンツは、マンガ以外にも!-

田舎暮らし-マンガ-おすすめ

本記事では、田舎暮らしを描いたマンガを紹介してきました。どれもとても面白いので、ぜひとも読んでもらいたいですが、田舎暮らしを描いたコンテンツはマンガ以外にも多数あります。KAYAKURAでは活字本で田舎暮らしの参考になる本も紹介しているので、ぜひこちらの記事もあわせて読んでみてください!

【あわせて読みたい】田舎暮らし・地方移住に関するおすすめの本16選-移住研究者が選定!-

全マンガ Amazon Kindle版あり!-30日間無料体験実施中-

今回紹介する18の田舎暮らしマンガは、ほぼすべてKindleで読むことができます。
また、Kindle Unlimitedに入れば巻数が多いマンガもお得に読めちゃいます!
(中には、Kindleでしか読めないものもあります)

月額980円で好きなだけ本が読めるKindle Unlimitedは、なんと初回30日間無料体験実施中!
登録してイマイチだったら1か月の間に田舎暮らしマンガを読み切って解約すればOK。

ぜひ、この機会にKindle Unlimitedを使ってみてはいかがでしょうか?

【あわせて読みたい】「生活費8000円」田舎暮らしで得た快感は本当に田舎暮らしで得られた快感なのか

Amazonプライム

最後に、効率よく学ぶために本を電子版で読むこともオススメします。

Amazonプライムは1ヶ月無料で利用することができますので、非常に有益です。学生なら6ヶ月無料です。

Amazonスチューデント(学生向け)

Amazonプライム(一般向け)

Kindle Unlimited

数百冊の書物に加えて、

  • 「映画見放題」
  • 「送料無料」
  • 「書籍のポイント還元最大10%(学生の場合)」

などの特典もあります。社会や地域の課題を冷静に正しく分析する力は、読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、気になる方はぜひお試しください。

この記事を書いた人

KAYAKURA 編集部

これからの地域・社会・観光を考えるWebサイトKAYAKURA編集部です。編集部記事では、KAYAKURAメンバーの専門性を生かした記事や、わかりやすくまとめる解説系記事を公開しています。