教育移住とは-移住先を教育環境で選ぶということ-

移住大辞典

KAYAKURAメールマガジン登録随時受付中

KAYAKURAでは、読者の皆さまのお役に立つ地域・社会・観光に関する最新情報・関連情報をメールマガジンでお知らせしています。2週間に1度送信される無料のメールマガジンでは、メールマガジンでしか読めないコンテンツやおすすめ記事の紹介・イベントの紹介などを掲載しています。

メールマガジンの配信を希望される方は、以下のページからご登録ください。

メールマガジン登録ページはこちら

教育移住とは「国内・国外を問わず、子どものためによりよい教育環境を求めて移住すること」。

教育移住とは

教育移住とは「国内・国外を問わず、子どものためによりよい教育環境を求めて移住すること」を指す言葉です。

いつ誕生した言葉か、誰がつくった言葉かはわかっていませんが、昨今メディアなどでも見る機会は増えています。

地方移住する際に子どもをもつ親にとって不安なのが進学先の選択肢の少なさ・不便さです。JOINによる調査の中でも、地方移住に際して次のようなことが不安だという声があります。

  • 学校までの通学の距離と、都市部に比べて学力が下がらないかどうか(埼玉県女性39歳)
  • 高校・大学の進学先の選択肢の少なさ・不便さが避けられないと思うこと(東京都男性35歳)
  • 子どもたちがのびのびと過ごせる環境が整っているのか(東京都女性39歳)

このような状況において、最近では子どもの教育段階が変わるごとに移住先を変えるような教育移住も観測できるようになってきています。

例えば保育園は自然豊かな環境が近くにある自然保育&シュタイナー教育のところに通わせたい。小学校はいま住んでいる地域の学校に通わせたのち、中学校からは中高一貫のインターナショナルスクールに通わせたいから家族で一緒にインターナショナルスクールの近くに移住する。といったライフプランは典型的な教育移住だといえるでしょう。

これは国内だけでなく国外の先進的な教育環境を求めて移住することも当てはまります。

最近では上記で紹介したようなシュタイナー教育や自然保育、中高一貫の特色あるプログラムを用意した学校など保育園や学校の形態も多様化しています。また昔のように学区の縛りも強くありません。このように様々な背景があり教育移住が注目を集めている現状があります。

地方移住と子育ての関係性についてより深く知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

→みんな不安!「地方移住先での子育て」のリアル-人間関係・教育・治安・医療・仕事など-

長野県の自然保育を実践するこども園のインタビュー記事はこちらをご覧ください。

→自然保育と教育の先進地域長野県で人気のシュタイナー教育こども園-安曇野シュタイナーこども園おひさま-

この記事を書いた人

アバター

Masato ito

1996年長野県生まれ。大学在学中に自身が代表を務める事業が長野県地域発元気づくり大賞を受賞。現在は一橋大学社会学研究科にて国内移住に関する研究を行いながら、KAYAKURA代表として長野県を主なフィールドに観光インバウンド・移住・まちづくりのコーディネート・プランニング・調査・PRを多数手がける。2019年からは都内の企業と地方の企業や自治体をつなぐ新たな取り組みも開始。訪日観光客向け観光情報発信サイトNAGANO TRIP運営。池田町第六次総合計画審議委員。週刊SPAや公益社団法人 日本観光振興協会発行『観光とまちづくり』など寄稿多数。2019年4月から東京都国立市と長野県池田町の2拠点居住実践中.