【メディア情報】KAYAKURA代表伊藤がAbema Prime Newsに出演しました

KAYAKURA代表伊藤がAbema Prime Newsに出演しました。詳細は以下をご覧ください。

テーマはコロナ後の地方移住・田舎暮らし

KAYAKURA代表伊藤が、2020年5月15日Abema Prime Newsで放送された「コロナ禍で”田舎最強説” 家賃20万円→1万円に! ”生活する環境”お金・仕事は? 移住者の生活から考える」に解説者として出演しました。

現在33分間のアーカイブ映像が以下のページから無料で視聴できます。アフターコロナの地方移住・田舎暮らしに興味関心のある方はぜひご覧ください。

文章で読みたい方はこちらに内容が簡潔にまとめられていますのでご覧ください。

Abema Prime News詳細

過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディアでは見られないアベマならではの尖った特集にもご期待下さい。

キャスト

  • MC :西村博之
  • ちなつ
  • 伊藤将人(KAYAKURA代表)
  • 紗倉まな(AV女優)
  • 若新雄純(プロデューサー)
  • 向井慧(お笑いトリオ・パンサー)
  • 渡辺瑠海(テレビ朝日アナウンサー)
  • 司会進行 : 平石直之(テレビ朝日アナウンサー)

-ラジオ版KAYAKURA-

ラジオ版KAYAKURAは毎回1つのテーマについて5分~10分で深堀する音声コンテンツです。テーマは社会課題・最新ニュース・地方創生・観光インバウンドなど。スキマ時間の学びを思考を促す内容となっていますので、ぜひ聴いてみてください。

KAYAKURA

KAYAKURAは「新しい地域と観光を考える」をコンセプトに、地域と地域にまつわる言葉や動向を深く考える地域考察メディアです。

この記事を書いた人

Masato ito

1996年長野県生まれ。大学在学中に自身が代表を務める事業が長野県地域発元気づくり大賞を受賞。現在は一橋大学社会学研究科にて国内移住に関する研究を行いながら、KAYAKURA代表として長野県を主なフィールドに観光インバウンド・移住・まちづくりのコーディネート・プランニング・調査・PRを多数手がける。2019年からは都内の企業と地方の企業や自治体をつなぐ新たな取り組みも開始。訪日観光客向け観光情報発信サイトNAGANO TRIP運営。池田町第六次総合計画審議委員。週刊SPAや公益社団法人 日本観光振興協会発行『観光とまちづくり』など寄稿多数。2019年4月から東京都国立市と長野県池田町の2拠点居住実践中.